ふくてんの人間0年生雑記

【魚の神経締め】意味は?痛みは?かわいそう?色々と調べてみた。

f:id:fukuten0:20171015025959p:plain

こんにちは。
ふくてんです。

今回は「魚の神経締め」についてです。

 

最近、YouTube界隈でも「トミックさん」や「きまぐれクックさん」などをはじめとした「魚を捌く動画」が人気を博していますね。


私も料理が好きなので、おふたりの動画は毎日のように拝見させて頂いているのですが、その中で気になるのが「魚の神経締め」


生きている魚を捌く時に神経を抜く作業があるのですが、その瞬間に魚が「ビクビクッ!」って痙攣して非常に痛そうな動きをするんですよね。

 

何度見ても慣れない場面ではありますが、その度に「命を頂いているんだな」という感謝の気持ちに向き合うことができます。

 

しかし、同時に「そもそも魚の神経締めはそこまでする意味があるのか?痛みはあるのか?」など疑問に思うことがどんどん湧き上がってきました。

 

今回は同じように疑問を感じている方の為に「魚の神経締め」について、調べてまとめてみました。

 

 

魚の神経締めと意味は?

f:id:fukuten0:20171015030308p:plain

神経締めとは、死後硬直を遅らせる為にワイヤーなどを使って魚の中枢神経(延髄と脊髄)を破壊する処置です。

 

なぜ、遅らせる必要があるのかというと魚の鮮度を保つ為なのですが、わかりやすく説明します。


この世に生きとし生けるものには必ず「死」が訪れます。

実は魚の「死」には以下の段階があります。

①絶命

②死後硬直(鮮度が落ちていく)

③完全硬直

④解硬

⑤腐敗

神経締めは、この鮮度が落ちていく「死後硬直」を遅らせることで鮮度を保つのです。


魚の体内には筋肉の収縮や発熱に大きな役目を果たすATP(アデノシン三リン酸)と呼ばれる物質があり、死後硬直後からうまみ成分の「イノシン酸」へと変わります。

 

死ぬのが遅くなると神経を通してATPがどんどん消費されていく為、素早く脳死させて、神経を抜く必要があるという事です。


しかし、神経締めだけでは魚の鮮度を保たせるには不十分で、腐敗が進みやすい血を抜く「血抜き」という作業も必要です。

 

 

痛みはあるの?

f:id:fukuten0:20171015030946p:plain

神経締めの動画で魚がのたうち回っているのを見て「凄く痛そう…」と思ってしまいました。

 

昔から「魚には痛点がなく、痛みを理解するほどの機能が脳に備わっていない」とよく言われています。

 

これについては、未だに科学的にはっきりとした答えは出ていません。
ずっと長い間、痛みが「ある派」と「ない派」の間に論争が繰り広げられています。

 

犬や猫などの動物は痛みを感じた時に苦痛の悲鳴や表情を浮かべますが、魚には表情がない上に声も出さない為、見た目での判断が非常に難しいところです。


しかし、近年の研究では「魚は痛みを認識する受容器なるものがあるのではないか」という事が明らかになってきました。


研究チームによると

マスに傷害的刺激を与えたところ、刺激を受けた患部の体温が上昇し、故意に唇を砂利や水槽に擦り付けるなど、もがいた反応が見られた。


これは条件反射ではない反応をしている証拠であり、哺乳動物が持っている痛みを受容するポリモーダル受容器に非常に近い。

だそうです。

 

もし、この研究結果が本当であれば驚くべき事です。

 

もちろん、この研究結果だけでは「魚には痛覚がある」と位置づけるには安直ですが、大きな一歩を踏み出したのは確かなようです。

 

 

まとめ

f:id:fukuten0:20171015030832p:plain

要約すると

●『神経締め』は魚の命を美味しく頂く(鮮度を保つ)為の大切な処置。

●『魚の痛み』は最近の研究で実は痛覚があるのではないかとされてきた。

という事です。

 

もし、魚に痛覚があるとしたら、動物愛護ならぬ魚愛護の問題が生じてきます。

 

漁獲方法や養殖方法など、魚に無用な痛みや苦しみを与えていないか

無用に苦しみを与えているのであれば、改善できることではないか…など

漁獲や養殖のルールを根本から見直す議論が勃発する事が想像できます。

 

また、キャッチ&リリースや日本伝統の踊り食いなどは最たる問題になるかと思います。

 

しかし、私達は魚が痛がらないから食べているのでしょうか?

魚に痛覚があったら食べないのでしょうか?

 

世の中には千差万別の意見を持った方々がいます。

 

"あなたならどうしますか?"

 

何よりも大切なことは、人の意見に流される事なく、さまざまな意見を受け止めた上であなた自身の考えを見つける事だと思います。

 

私にとって今回の経験は「自分なりの考えを持つ素敵な機会」となりました。

無数の命の上で生かされている事に改めて感謝したいと思います。

【就活生向け】最新ゲーム開発の裏事情について

f:id:fukuten0:20171009233747p:plain

こんにちは、ふくてんです。

今回は「最新ゲーム開発の裏に隠された弊害」についてお話したいと思います。
最新ゲーム開発に興味を持ち始めている方は必見です。

 

【2017年版】最新のゲームについて

f:id:fukuten0:20171009231934p:plain

今年も残すところあとわずか。

先日も「東京ゲームショウ2017」が開催され、全世界のユーザーを沸き立たせるような数々のタイトルが発表されました。

皆さんも日本ゲーム大賞を受賞した

「モンスターハンター:ワールド」
「ファイアーエムブレム無双」

などが気になっているところではないでしょうか。


また今年、満を持して発売された「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」は全世界で人気を博し、今もなお大躍進を続けています。


新しいゲームをプレイする度に新たな「驚き」「感動」などがあり、心躍らされますよね。



最新のゲームは著しい技術発展により、見惚れるほどの美しいグラフィックや複雑なギミックの実装などを可能にしました。

・冒険心をくすぐる細やかな仕掛け
・思わず息を呑む美しい風景
・肌が粟立つような恐怖感
・アドレナリンが全身から沸き立つくらいの達成感

などなど、技術革新によりユーザーの感情を揺さぶる要素が爆発的に飛躍しました。

画面の中の世界だけで人の心をこれほどまでに動かす事ができるってスゴい事ですよね。



きっと、皆さんの中でも「自分も人の心を動かすようなものを作ってみたい!」と思った方は少なくないはず。


しかし、技術の発展により表現の幅が広がった裏側で、実は多くの懸念があるのです。




最新ゲーム開発の裏事情

f:id:fukuten0:20171009232528p:plain

ここでは主に「家庭用ゲーム(PS4/Xbox/PC)開発」をテーマにお話していきます。

世界最大のゲームカンファレンス「GDC(Game Developers Conference」「東京ゲームショウ」などで最新ゲームタイトルが発表された際にプロデューサーが登壇して晴れやかな表情で「開発タイトルの魅力」などをお話されている姿を目にします。

中には「このタイトルではこういった技術を駆使して、新しい体験を実現しました!」というような開発秘話をお話してくださる方もいて、非常に興味深いです。

しかし、その華々しい最新ゲーム開発の話の裏には開発者たちの苦悩や激闘、裏事情があるのです。


 

裏事情①「分業化が進み、ゲーム開発の全体像が見えにくくなっている」

ひと昔前のゲーム開発では、比較的簡単なワークフローで構成されていた為、ひとりの開発者が担える業務の幅は大きいものでした。

その分、ゲーム開発の全体像が把握しやすく、ゲームの方向性を決めるプロデューサーやディレクターは「どんな作業にどのくらいのコストがかかるか」を把握しやすい状況にありました。

 

つまり、開発スタッフに追加オーダーをする際に予めコストの範囲に収まるようなオーダーが可能だったということです。


しかし、昨今のゲーム開発では表現力を向上させる為に、より複雑で専門的な知識が必要になりました。

これによって、作業の細分化が進み、専門的な作業を行う為には該当する専門知識を持ったスタッフしか対応できないようになっていきます。


少し、理解が難しい方の為に噛み砕いてお話します。

例えばデザイナーという職種の中で背景デザイナーというパートがあったとして、背景デザイナーが全ての背景データを作れるわけではありません。

背景にも
・宝箱や木々などのオブジェクトを作る人
・それらのオブジェクトのレイアウトを考え、フィールド全体の絵作りをする人
・宝箱を壊せるように設定する人
・ライティング(照明や太陽光)の演出を考え、世界観を構築する人

など、挙げれば枚挙に暇がないほど様々なパートに分かれ、それぞれに専門的な知識が必要です。

 

パートの分け方は会社によって異なりますが、これらの作業を1人のスタッフが担当する事はほとんどありません。

一例として背景デザイナーを挙げましたが、これはゲーム開発における全てのパートに起こっている事です。

つまり、技術が向上して、専門性が高くなればなるほど、全体を把握できる人が少なくなり、ゲーム開発の見通しが見えにくくなってきます。

実際にオーダーを出すプロデューサーやディレクターが各作業に関する知識を持っていないと、開発スタッフにとって負担を強いるような突拍子もないオーダーをする事に繋がり、プロジェクトが破綻していきます。


◆裏事情①まとめ
ゲーム開発の技術が向上するほど、全体像が見えづらくなり、プロジェクト破綻に繋がる可能性が上がる。

プロジェクトが破綻すると、激務を強いられる事になり、心身ともに疲弊していくデスマーチが始まる。



 

裏事情②「技術習得に膨大な時間が必要」

専門性の飛躍により、これまで以上に技術習得に時間がかかります。

開発費が潤沢なプロジェクトであれば、習得の為のコストを払えますが、大抵のプロジェクトはそんな余裕はありません。

つまり、どういう事かと言うと習得しながら実務をこなし、仕事外でも知識を得るための努力をしなければならないという事です。

逆に言えば、最新ゲームの開発者になる為には、最低でも上記の覚悟が必要だという事です。

現在、最新ゲームを制作しているクリエイターは総じて、プライベートの時間も仕事の延長として考えている事が多いです。

仕事外でも夢中になって新しい知識を蓄え、常に最新技術を身につけようとしなければ、ついていけないような世界なのです。


◆裏事情②まとめ
最新ゲーム開発の技術習得はプライベートの時間も削って身につけないと厳しい世界



 

裏事情③「ノウハウが少ない為、独学での解決力が必要」

まず、「誰かに教えてもらおう」と考えていては、この世界は厳しいです。

もちろん、既に知識を持っている先輩から教えてもらう事はできますが、最新技術というのはノウハウがない事の方が多いです。

開発の最前線で戦っている先輩たちでさえ、手探りの世界なのです。

そんな中で、「誰かが調べた事を学べばいいや」と考えていては、あっという間に置き去りにされて、足手まといになるでしょう。


わからない事があれば、どんな手段(犯罪はダメです)を使ってでも、知識を得ようとする力が最新ゲーム開発をする為に最も重要な事です。


「わからない事があれば、まずは調べる」

 


これはゲーム開発だけでなく、どの企業に勤めていても大切な事です。

ここまで読んでいる方はそんな事をわざわざ言わなくてもご理解頂いているかと思います。


しかし、最新ゲーム開発における大切な事の本質はそこではありません。



「わからない事があれば、わかるまでとことん調べ、検証し、さらに結果を分析し、改善する。」

これらを自分自身でやりきるロジカル的思考と忍耐力が大切です。


"なにが何でもやりきる"

時にはどんな施策を打って実行しても、打開できない問題が立ちはだかる時があります。

しかし、プロクリエイターはそこで考える事を諦めずに、熟考し、検証と改善を繰り返します。

それこそが、人の心を動かすコンテンツづくりの活路を見出す為に残された唯一の手段なのです。




◆裏事情③まとめ
"最新ゲーム開発はノウハウが少ない為、独力で問題を打開する行動力と忍耐力が必要"


 

さいごに

ゲーム開発は人々にエンターテイメントを届ける魅力的な仕事ですが、その裏側では並々ならぬ努力と葛藤があります。


今回の内容はゲーム業界への就職を目指している方にとっては耳の痛いお話になってしまったかもしれません。

けれど、私がこの記事で伝えたいのは「早いうちに諦めろ」ということではありません。


むしろ、その逆です。

 

今のうちから、表裏一体のあらゆる情報を知り、覚悟をした上で挑戦して頂きたいという思いでこの記事を書かせて頂きました。

 

近い将来、本記事をご覧になった方がゲーム業界で活躍する日を夢見ながら、お待ちしております。

 

それでは、また。

【検証中】2ヶ月で検索流入率が70%以上になった話

f:id:fukuten0:20171001131954p:plain

どもども、ふくてんです。

今回は「とある検証で検索流入率30%から70%以上に上がった話」です。

f:id:fukuten0:20171001125405p:plain

 


ここ最近、本業の都合により記事の投稿数はやや停滞気味ですが、以前から粛々と進めていた検証によって検索流入率は上がってきました。
(2017/10 現在で約75%)

 

目的に向かって検証を進めていた当人としては思いの外、効果が出ていて大変嬉しいのですが、正直なところ、なぜこんなに効果が出ているのかわかっていないです(笑)

 

あくまで「ブログ初心者の視点としての推察とこんなことをしたら検索流入率が上がったよ!」というお話として参考程度にご覧頂ければ幸いです。

 

 

 

検証しようと至った経緯

主な経緯はこちらに載せています。

www.fukuten-blog.com

つまるところ、ブログを運営していく上で大きく2つのタイプがある事に気づきました。

 

・ブロガーさん向けの記事
(バズりやすく、突発的なアクセス数は見込めるが、持続性がない)

・検索流入向けの記事
(突発的なアクセス数は見込めないが、ニーズにあったコンテンツであれば、持続性が高い)

 

少し極端な表現になってしまいましたが、私がブログを運営する上で目指しているところは「継続的にアクセスが見込めるコンテンツ」です。

 

その為には、しっかりとターゲットに向けて適切な情報を訴求しなければなりません。


検索流入とは、いわゆるこの「訴求力」だと私は考えています。


では、「ブログの訴求力」を高めるには一体どうすればいいのか。


私なりに考えて施行した検証を今からご紹介します。

 

 

検証内容

今回、検証した事は大きく分けて3つあります。
・具体的なペルソナの設定(SEO対策)
・検索を意識した記事タイトル(SEO対策)
・選定キーワードを記事内容に盛り込む(SEO対策)

 

1つ1つ、ご紹介していきます。

 

具体的なペルソナの設定

ペルソナとはいわゆる「そのコンテンツにとって最も重要なターゲット像」です。


検索でサイトを訪れるユーザーは、明確に知りたい内容と目的があります。


時と場合によって悩みを解決する為であったり、知識を得る為であったり、検索理由はさまざまあります。


そういった検索流入からのアクセスを見込んだ記事を作成する為には

・性別
・年齢
・職業
・生活スタイル
・世帯構成
・学歴
・性格
・インターネットの利用状況、頻度など

個人的に上記のターゲット像くらいは描いておく必要があると考えています。

 

なぜ、具体的にターゲット設定する必要があるのか。

理由は、ターゲットを具体的に設定する事で対象者に対する理解をより深めるこ とに繋がり、強力なアプローチに繋がるからです。

 

訴求力が高まれば、徐々にユーザーから探して訪れてくれる構図ができあがってきます。

 

検索流入で訪れてくるユーザーは何らかの悩みを抱えていて、解決の糸口を探しています。

 

例えば、下記の過去記事は「ホラゲー 怖がり おすすめ」で検索するとトップに表示されています。

これは、あえて「怖がり」「ホラゲー」と相反するキーワードでの検索上位を狙って書かせて頂いた記事です。

www.fukuten-blog.com

この時のターゲットのストーリーは以下のように設定していました。

大学生4回生の北山さんは、大学生活で必要な単位を取り終え、無事に卒業論文も提出し終えた。

 

就職活動も一区切りつき、第一志望の企業での内定は叶わなかったものの、仕事内容や待遇ともに及第点の会社から内定を貰っている。

 

残りの大学生活。

特にアルバイト以外する事もなく、何か手軽に刺激を受けられるものはないかと探している。

 

もともと、ゲーム好きだった事もありゲームをする毎日だったが、ただのアクションゲームやRPGには飽き飽きしてきた。

 

そこで、自分が今までプレイした事がなく、かつスリルを味わえそうな「ホラーゲーム 」に興味を持ち始めた。

 

しかし、北山さんはホラーが少し苦手。

 

怖いもの見たさの好奇心はある為、複数人でホラー番組を観たりするのは好きだが、ひとりでは抵抗がある。

 

「怖がりでも程よくスリルを味わえるホラーゲームはないだろうか…。」

 

そこで、北山さんは怖がりなのにホラーが好きという矛盾を抱えつつも「怖がり ホラゲー おすすめ」と検索してみた。


少し、妄想力が仕事しすぎている面がありますが…(笑)

 

しかし、良質なコンテンツを作るのには、最低でも上記のようなターゲットイメージを描く必要があると考えています。

 

おかげさまで、この記事は当ブログの中で検索流入率が最も高い記事となりました。

 

このように、予め具体的にターゲットイメージを描いておくと、記事を作成している最中でも

「この人だったら、こんな情報も求めているのかも」
「これは自分が書きたいだけの情報だな」

など、対象者の立場として内容を精査できます。


せっかく検索して来て頂いた方が「これは求めていた記事じゃないな」と落胆してブラウザバックしてしまう事は、こちらとしても非常に悲しい事です。

 

そうならない為にも、独りよがりな記事にならないように今後も気をつけていきたいと思います。

 

 

 

検索を意識した記事タイトル

そのサイトに訪れる為の判断基準の大部分は検索結果からのタイトルにあると考えています。

f:id:fukuten0:20171001130147p:plain

赤で囲まれている部分が記事タイトルにあたるのですが、この部分をおざなりにすると良質な記事をつくったとしてもアクセスの機会損失をしてしまう可能性があります。

 

ちなみに私は、30分かけてタイトルの候補をいくつか考え、そこからターゲット目線で魅力的なタイトルを選定するようにしています。
(雑記の時もある為、全ての記事に対して施行しているわけではありませんが…)


例えば、下記は当ブログの中で検索流入が安定している記事です。

www.fukuten-blog.com

 

Switchそのものの魅力やレビューなどは、多くの方が記事にしていて、競争率が高い為、少しニッチなところを攻めてみました。


Switchがなかなか手に入らない状況が続くと、そのユーザーは次に何を考えるようになるか。

 

「なぜ、こんなに品薄なんだ?」

 

きっと、このような言葉が浮かぶのではないかと推察します。


本記事はそんな疑問に答えた記事になります。
しかし、既に各情勢に詳しいアナリストの方が品薄についての分析記事を書いていました。

 

私はそれらの記事との差別化を図る為に、品薄の原因をよりわかりやすく噛み砕いた記事を作成する事を目指しました。

 

タイトルに対しても「初心者でも わかる~」と加える事で、とっつきやすいイメージにしました。

 

結果的に「簡単に品薄の原因を知りたいユーザー」の需要に引っかかり、今でも安定的に検索流入によるアクセスが得られているのだと思います。

 


タイトルのキーワード選定は、

「そのユーザーが最も知りたい情報」
「その記事を読んだらどんな事がわかるのか」

が簡潔にわかるようなタイトルにする事によって、狙ったキーワードでしっかりと検索上位を狙う事もできますし、検索結果からアクセスされやすくなったりします。

 

 

選定キーワードをコンテンツに盛り込む

具体的に効果があるのか確証はないですが、SEO対策として記事内容の中でも選定したキーワードを盛り込むように意識しています。

 

というのも、キーワードを意識したタイトルと記事内容の情報に整合性が取れていなければ、内容不一致によって検索順位が下がってしまうのではないかと考えている為です。


とはいっても、これみよがしにキーワードをわざとらしく流用するのではなく、読者に不自然のないように重要なところに絞って盛り込む事が大切だと考えています。


例えば、h2~h3などの見出しなどに要点をまとめたキーワードを盛り込む事でGoogle検索エンジンに「ここはページ内容が的確にまとめられていて、質の高いコンテンツなんだ」と認識される事に繋がると思います。

 

しかし、これについてはどこまでSEO対策に効くのかは不鮮明であり、各ブロガーさんを困らせている要素でもあります。

 


とはいえ、h2~h3タグを記事内容の要点まとめに活用する事は、

・見出しごとに内容をまとめる意識が根付き、わかりやすくまとめる力が身につく
・読者にわかりやすく伝える事に繋がる
・結果的にコンテンツの質が上がり、SEO対策に繋がる

結果的にSEO効果に繋がると考えていますし、自身のブログ力向上にもなると考えていますので、ぜひ続けていきたい事ですね。

 

 

まとめ

今回さまざまな検証を進めていく中で感じたことは検索流入率を高める事はあらゆる面での忍耐と努力が必要だということでした。

 

検索流入を狙った記事を書いていると未だに「ブロガーさん達に興味を持ってもらえないようなコンテンツを作りつづけているのかな~」と不安に思うことがあります。

勝手ながら、自ら距離を置いていっているような寂しい感覚になる時もあります。

 

そんな中でも、ブックマークやTwitterでやり取りさせて頂いている優しいブロガーさん達は私の宝物であり、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

私はブログ初心者ですので、ブログを生業とされている方に比べたら、まだまだ知識と経験が足りません。

しかし、「挑戦」する権利は誰でも等しくあるのです。


月並な言葉になりますが、挑戦する事をやめてしまったら、未来に繋がるチャンスを自ら手放してしまう事になります。

 

まだまだ未踏の地を歩み続けていますが、今後もマイペースにブログ運営を楽しんでいこうと思います。

【体験談】SIMフリースマホに買い替えた話。初期費用や毎月の支払い額、メリットは!?

f:id:fukuten0:20170924193717p:plain


"皆さんは携帯に毎月いくら使っていますか?"

 

どもども、ふくてんです!

今や「スマホなくしては生活できない!」という程、スマートフォンが普及してきたわけですが、私は言いたい。


携帯料金高くない!?

あれ?これ?
ぼったくられてる?


そりゃあ、いつでもどこでも誰とでも繋がってくれる恩恵には感謝してるけど、いくらなんでも毎月8~9,000円はぼったくりすぎじゃありませんかね!?

 

毎月8,000円だとしたら、年間で96,000円ですよ!?

 

96,000円あったら、毎週行ってるラーメン屋で味玉(50円)プラスを1920食分、繰り返せるやん!?


せえへんけど!

そんなんしたら、スマホ手放さなあかんくなるし、せえへんけど!

 

けれど、この毎月の支出を少しでも抑えたい!
なんなら、ついでに使える通信量を増やしたい!


そんな、傲慢かつわがままな思いを叶える為に、格安SIMなるものを調べて、買い替えたところ…


毎月2,500円~3,000円になりました!

 

しかも、データ通信量も5GB増えました!(毎月10GB使えるようになった!)

 

というわけで、噂の格安SIMに買い替えた実体験を包み隠さず話していくやで!

 

ちなみに、本記事を読むと


・格安SIMって裏があるんじゃないの!?
・回線が遅くなるとかないの!?
・初期費用(端末代)が高いんじゃないの!?
・メリットとデメリットは!?
・おすすめのSIMフリースマホは!?


などなど…上記のような疑問を解決できます!

 

 

まずは、大手キャリア時代の話


※キャリア=docomo、au、Softbankの三大キャリアのこと(以下、キャリアと略称)

 

私は高校生の頃から生粋のdocomoユーザーでした。

 

これといって、明確な理由があるわけではないですが、家族ぐるみでdocomoでの契約をしていた為、有無を言わさず、docomoキッズに成り果てていました。

 

気づけば、社会人。

一人暮らしを始めて、家計簿をつけるようになった時、できるだけ支出を抑える為にはどうしたら良いかと悩んでいました。

 

家賃はしょうがない。

 

光熱費はしょうがない。

 

インタ ーネット通信費はしょうがない。

 

携帯代はしょうがn…。

 

 

ん!?携帯代!?

こいつ高すぎね!?

 

 

今までなんの疑問も持たずにやってきたけど、よくよく考えたら長期的に契約しているdocomoユーザーになんの恩恵もねぇ!

 

むしろ、新規ユーザーにとってのおいしい話ばかりして尻尾ふりふりしてんじゃねぇぇえ!

 

政府から「おまいら高いから値下げしろ」って言われて素直に従えるくらい経済的余裕あるなら最初からやっとけぇぇえ!


それでいて「乗り換えます」とか言ったら、「お安くするんで乗り換えないで!」とか言ってきて。

だから、できるんだったら最初からやっとけぇぇえ!

 

ふぅ・・・。(少し取り乱しました。)


という事で、長い間 、忠誠を誓ってきた信者の恩を仇で返すような不義にお別れすべく

前から気になっていた格安SIMを調べ、買い 替えに乗り出しました。

 

 

 

格安SIM買い替えにかかった費用


早速、今回の買い替えにあたって、かかった総費用をまとめてみました。
購入する端末や現契約の解約月の有無など、人によって多少前後すると思いますが、参考となれば幸いです!

 

◆解約料
・0円(解約月だった為)

 

◆MNP転用手数料
・約2,000円(電話番号を引き続き使うための手数料)

 

◆新規契約事務手数料
・約3,400円(格安SIM会社と契約するための初期費用)

 

◆新規端末代
・約46,000円(honor8)
※2年契約や3年契約だと、これより 結構安くなりましたが、縛りが嫌なので割引なしで購入しました。

 

◆初期費用総額
・約51,400円

 

「少し高くないか!?」と思ったあなた。

ちょっと待ってください!
このまま、大手キャリアで契約していたとしたら、毎月8,500円かかるとしましょう。

 

新しく格安SIMにしたら、毎月3,000円で済みます。

8,500円-3,000円=5,500円(1ヶ月分)

5,500円×12ヶ月分=66,000円

 

ほら。みてみて!
1年使ったら初期費用が黒字ですよ!

2年、3年使えばさらに黒字化が進みます!

 

格安SIMにすることで毎月無駄に支払っていた5,000円が自由に使えるようになるって私にとっては凄く大きいことです。


◆毎月支払い額
◇旧契約(docomo)
・約8,500円(5GB)

今見ると「なんでこんな高いお金払ってたんやろ…」と絶望する額。
けれど、使ってた時は無 意識に「携帯ってこんなもんやろ」と考えるのをやめてました。

 

なんでこんな高いんだと思ってよくよく調べてみたら…
・データ通信量高い(5GBパックで5,000円)
・電話しないのに無理やり加入させられるカケホーダイプラン(1,700円)

 

いやいやいや!
電話しない言うてるのに、

「おまい、電話するやろ。オトクなプランつけといたるわ(ニッコリ)」

 

じゃねぇよぉお!!!

 

そのおかげで、データ通信量プラスしたいのに料金高いからできねぇじゃねぇかぁぁぁ!

 

今のご時世、「LINE」っていう無料通話できる神アプリがあるのご存知です??

 

あれ?LINEと大手キャリア会社って時空ズレてんのかな?

 


◇新契約(楽天モバイル)
・約3,000円(10GB)

 

楽天モバイル 最高すぎぃぃ!

 

「通話しないからデータ通信量を増やしたい!」というニーズに見事に応えてくれた!

 

みたか!docomo!

 

 

格安SIMのメリット・デメリット

なんかウマい話ばかりで「格安SIMって何か裏があるんじゃないの!?」って思いますよね。

 

私も、あらゆる記事を調べた時に同じように思っていて、なかなか買い替えに踏み切れずにいました。

 

今回は同じ不安を抱えている方に向けて1年通じて使用してきた「格安SIMのメリットとデメリット」を包み隠さず、ご紹介したいと思います。

 

メリット

①月額料金が安い
言わずもがな、月額料金が圧倒的に安くなります。

毎月5,000円~6,000円安くなることを考えると生活が様変わりします。

 

よく考えてみてください。

 

社会人として毎月の給料を5,000円昇給させようと思ったら、年間通して汗水流して、査定でそこそこ良い評価を貰わなくてはなりません。

 

ちなみにリクナビ調べによると中小企業の年間昇給額の平均は約3,500円だそうです。
このことからもわかるように毎月の収入から5,000円捻出しようとしたら、相当な努力が必要です。

 

ですが、少しの手間と初期投資をするだけで毎月の支出を5,000円抑えられるのです。

 

浮いたお金を貯金したら、年間で60,000円が自動的に貯まっていく事になります。
これって凄い大きい事だと思いませんか?

 


②契約期間の縛りがない
格安SIMにすると、契約期間の縛りがなくなります。
つまり、いつでも解約して、さらに安い格安SIM会社と契約することもできます。

 

 

③端末が選び放題
世の中には数えきれない種類のSIMフリースマホがあります。

 

大手キャリア契約にすると、キャリア専属の少ないレパートリーから機種を選ばないといけないですが、SIMフリーにすると、選びたい放題です。

 

好きなデザインで選んでもよし、スペックで選んでもよし、価格で選んでもよし。

すべては自分で悩んで自由に決められます。

わざわざ店頭に行かなくても、Amazonでお気に入りのを見つけてポチったら、即日に手元に届くのが最大のメリットです。

 

デメリット

①初期費用がかかる
大手キャリアとかだと年間の縛り契約などを条件に割り引かれる端末代ですが、SIMフリーだと、この端末代に割引はありません。

 

つまり、端末代だけは自分でな んとかして購入しなければならないということです。

 

けれど、安いものを探せば、10,000~20,000円でそこそこのスペックのスマホが購入できます。

 

場合によっては、キャリア契約しているスマホがSIMフリーに対応している事もあり、新たに購入する必要がない場合もありますので、ご自身で調べてみてください。

 


②通信速度が少し遅い
正直に言いますと、大手キャリアに比べたら回線が少し遅く感じる時があります。

 

今は回線整備されて、ほぼほぼストレスを感じることなくネットを快適に楽しめるようになりました。

アクセスが混雑する平日の昼の時間帯は「少し遅いかな?」と感じる程度です。

 


③LINEの年齢認証ができない
これは格安SIMに買い替えてから感じた大きなデメリットですね。

 

LINEの年齢認証は信用のある大手キャリアとの契約をしていなければ、基本的にはできないらしいです。

 

それによって、ID検索もできなくなりますし、ID検索からフレンドになる事ができなくなります。

 

どうしてもフレンドになりたい場合は、QRコードを発行して、相手から申請してもらいましょう。

 

少し面倒ですが、そこまで致命的なデメリットになりませんでした。

 

 

④大手キャリアのアドレスが使用できなくなる
簡単に言えば
「~@docomo.ne.jp」
「~@softbank.ne.jp」
「~@ezweb.ne.jp」
などのキャリアのアドレスが使用できなくなります。

これに関しては「gmail.com」などのフリーのメールアドレスを使用すれば、特に問題ないかと思います。

 

そこまで痛いことではありませんでした。

 


⑤通話すると料金が高くなる
格安SIMはデータ通信料は良心的な値段ですが、通話をすると少し割高になります。

 

通話を多くする方は大手キャリアの方をおすすめします。

 

おそらく、LINE世代の方は無料通話機能を使う事が多いと思うので、特に気にするデメリットでもありません。

 

うっかり、電話番号から通話しないようにすれば問題ないと思います。

 

 

おすすめSIMフリースマホ

「格安SIMがお得なのはわかった。でも、どのスマホを選べばいいの?」

 

特に日本人の多くはiPhoneユーザーの為、SIMフリーのiPhoneを買うとなると端末代がアホほど高くつきます。

 

だからといって、Androidスマホにするとデザイン性もスペックも妥協しなければいけなくなるし…同期とか大変そう…。

 

結論からいうと、そこまで気負いしなくても大丈夫です。

 

むしろ、iPhoneだけが異様に高いだけです。
しかも、実はスペックもそこそこです。

 

最近はiPhoneよりも処理速度やデザインが優れているAndroidスマホが多くなってきました。

 

今回はそんな中でiPhoneよりも
・処理速度が高く
・カメラ性能が良く
・端末代が安い
上記の条件をクリアしているAndroidスマホのおすすめをご紹介します。

 

 

脅威的な美しさ「honor8」

 

f:id:fukuten0:20170924171555p:plain

メーカー Huawei
画面サイズ 5.2インチ/1920×1080
RAM(メモリ) 4GB
ROM 32GB
カメラ画質 1,200万画素×2(デュアルカメラ)
本体価格 46,224円

 

honor8は高性能オクタコアCPUを搭載している上に大容量のメモリ、そしてiPhoneにも引けを取らない高級感のある美しいフラットデザインのスマホです。

 

f:id:fukuten0:20170924174854p:plain
見てください。この美しいデザイン。

背面はカメラの突起などがなく、全てにおいてフラットで見惚れてしまう程の美しいデザインです。

さらに、背面は15層のマイクロパターンを持つガラスコーティングを施してあり、光の乱反射がとても綺麗で、飽きのこない高級感があります。

 

おそらく、「honor8」は3~4万円台で購入できるSIMフリースマホでは最高峰です。

 

また、特徴的な機能として

・一眼レフさながらのダブルレンズカメラ
・背面3D指紋認証
・「micro USB TypeC」ケーブルによる急速充電

などなど、他社のハイエンド高級スマホレベルの高機能を搭載しています。

特に指紋認証にかかる時間は、わずか0.4秒。

公式付属の充電器による充電速度の速さは驚愕です。

 

かくいう、私もこの「honor8」のユーザーですが、充電速度の速さは驚異的でした。
体感的に15分くらい充電すれば、ほぼフルチャージな感じです。

 

しかし、この「honor8」

楽天モバイル契約者限定での販売になっており、それ以外では購入できません。

 

本体のみの販売は行なっておらず、必ず楽天モバイルのSIM契約も必要になりますので、ご注意を。

 

 

ベゼルレスでハイスペック「nubia Z9」

f:id:fukuten0:20170924182719j:plain

メーカー ZTE
画面サイズ 5インチ/1920×1080
RAM(メモリ) 3GB
ROM(ストレージ) 16GB
カメラ画質 1,600万画素
本体価格 23,980円

 

意外と国内では知られていない世界屈指のハイスペックメーカー「ZTE」から最新機種が発売されました。

 

こちらも、honor8同様、オクタコアのハイスペックCPUを搭載しています。

 

さらに大きな特徴として

・ベゼルレスで美しい画面
・1600万画素を誇るSony製の双頭カメラ
・アルミ削り出しの無骨デザイン

があります。

 

Amazonレビューでも多くの高レビューを叩き出している注目のスマホです。

私自身も「次買い換えるなら、このスマホかな」と注目しているスマホの1つです。

 

 

 

格安SIMはこんな人におすすめ

今回、色々とご紹介してきましたが、格安SIMはこんな人におすすめです。

①通話をしない人
②データ通信量が多い人
③スマホを定期的に安く買い替えたい人
④毎月の携帯料金を抑えたい人

格安SIMは初期費用がかかったり、買い換える手間が少しかかりますが、それを乗り越えれば、快適かつ低予算でスマホ生活が送れます。

 

これを気に、格安スマホ生活を手に入れてみてはいかがでしょうか。

それでは、また。

【蘇る名作】おすすめタイトル5選!スーパーファミコンミニの魅力

f:id:fukuten0:20170917174211j:plain
出典:任天堂株式会社


ゲーム黄金期を支えた立役者「スーパーファミコン」

ついに、そのミニ版の『スーパーファミコン クラシックミニ』の予約がはじまりました。

 

既に予約は大盛況だそうで、Amazonなどでは、定価の1万円以上のプレミア価格で販売されている程の人気だそうです。


例に漏れず、私もブラウン管テレビにかじりついてスーパーファミコンをプレイしていた子どもの1人でした。


今回は27年の時を越え、発売される事を記念して、当時の想い出を振り返るとともに、『スーパーファミコン クラシックミニ』の中からおすすめのタイトルを紹介していきます。



スーパーファミコンとは

f:id:fukuten0:20170917174738p:plain


正式名称:スーパーファミリーコンピューター
発売元:任天堂株式会社
発売日:1990年11月21日
累計出荷台数:約4,910万台


『スーファミ』という愛称で90年代のファミリー層に愛されたゲーム黄金期を支えた名機。


当時は前衛的にL・Rボタンが搭載され、アクションの幅が広がり、革新的な遊びをもたらしました。

さらに、コントローラーは分離しており、いつでも買い替え可能。

「スーパーマリオブラザーズ」「ゼルダの伝説」を名だたるタイトルをはじめ、約1,400本を誇る収録タイトルの多さが最大の魅力。



当時の思い出

f:id:fukuten0:20170917175412p:plain


思わず、家族揃って体ごと 傾けてしまった「マリオカート」のドリフト

友だち同士でお互いの攻略法を自慢し合った「ゼルダの伝説」

理不尽な難易度で死にまくって「もう一回!」と夢中になった「超魔界村」


そのどれもが、心踊る新しい体験でした。



当時はとても裕福とはいえない家庭でした。

大人になった今だからこそわかる。


友人がゲームを持っている事に憧れて、「買って!」と駄々をこねていた私に

「ウチはそんな贅沢はできない!」と怒鳴る両親。

しかし、働いたお金を少しずつ捻出し、クリスマスに買ってくれたこと。

私の笑顔を見て、微笑む両親。


当時の幼心に気づかなかった事が社会人になった今、それがどれだけ大変だったことかを今更気づいて胸が熱くなる。

もっと、はやく親孝行すればよかったと。

私にとって、スーパーファミコンはただの遊び道具ではなく、共働きだった両親が汗水流して買ってくれた思い出の詰まった贈り物だったような気がします。

 

 

スーパーファミコンミニのタイトルおすすめ5選

さて、今回のスーパーファミコンミニは本体にソフトが内蔵されているそうで、合計で21タイトルが遊べます。

 

その中から今回は、筆者の独断と偏見でおすすめのタイトルを5本だけ紹介していきたいと思います。

 (本当は全部紹介したいくらいですが…)

 

①スーパーマリオワールド

f:id:fukuten0:20170917175931j:plain
出典:任天堂株式会社

 

言わずと知れたスーパーファミコン時代の金字塔。

スーパーマリオシリーズの中で2D横スクロールの集大成ともいえるゲーム。

 

当時初登場だった強い味方「ヨッシー」の登場によって、遊びの幅がグンと上がり、夢中にさせました。

さらに、マントによって縦横無尽に空を飛び、その爽快感に心を奪われました。

 

時には、「ヨッシーごめん!」と言いながら、ヨッシーを捨て身にしてクリアしなければならない世の中の理不尽さを子どもながらに知った記憶があります。

 

そうやって、出会いと別れを繰り返しながら、クッパのもとへ繰り出す過程は、まるで人生のように試行錯誤しているようで楽しかったです。

 

また、テンポが良く、世界観に没入できるBGMも大きな魅力。

 

「ここはヤバそうだ…」とみるからに緊張感が高まるようなBGMで心が煽られたり、ボーナスステージのワクワク感のあるテンポの良いBGMは、スーパーマリオならではの世界を構築しています。

 

 

②超魔界村

f:id:fukuten0:20170917180058j:plain
出典:任天堂株式会社

 

今でこそ、ダークソウルや仁王などがありますが、このシリーズこそがまさに「元祖死にゲー」と言っても過言ではないでしょう。

 

説明書がいらないくらいシンプルな操作とは裏腹に、制作陣に恨みが湧き上がるほど、何度も何度もやり直しが必要な難しいゲーム。

 

タイミングとテクニックがものを言うゲームで、全ての集中力と全神経を指先に集中させて、一打入魂。

そのトライ&エラーは数百回、数千回。
いや、数万回は繰り返しプレイしていたように思います。

 

"やめられないんです"

やればやるほどに、「次はこうすれば、いける」というアイデアがどんどん出てきて、難しいとわかっていながらも、挑戦せずにはいられない。

 

兄弟で交代ばんこにプレイしていて、兄が失敗すると「あ~!もう!」と一緒に悔しがっていた思い出があります。

 

ちなみに私は、十数年経った今でもエンディングは見れていません…。

 

現代のゲームが簡単すぎて物足りない方にぜひおすすめです。

 

 

③スーパードンキーコング

f:id:fukuten0:20170917180352j:plain
出典:任天堂株式会社

 

当時としては最高グラフィックの横スクロールアクションゲーム。

 

アクションで敵を倒しながら、頭を使って謎解きをするパズル要素もあり、まさに頭脳と身体を駆使して遊ぶトライアスロンゲームです。

 

思わず鳥肌が経つような猛吹雪の雪山。

この先なにがあるかわからない冒険感のあるジャングル。

極彩色豊かな美しい海の中。

そのステージを相乗させる雰囲気のあるBGM。

 

そのどれもが非日常的で魅力のあるステージでした。

 

また、ステージごとに難易度が少しずつ上がってきて、2人協力プレイで打破できた時の達成感はひとしおです。

 

トロッコに乗った時やボーナスステージに来た時のワクワク感は今でも忘れません。

 

 

 

④星のカービィ スーパー・デラックス

f:id:fukuten0:20170917180437j:plain
出典:任天堂株式会社

 

カービィシリーズの名作であり、最高傑作。

 

「食べた能力で世界が変わる」

敵を食べて、コピーした能力を駆使しながらクリアを目指す横スクロールアクションゲーム。

 

敵の能力も多種多様で、その数なんと24種類。

コピーした能力は単一なコマンドだけでなく、複数のコマンド入力をする事で「能力特有の技」を繰り出せて、「もっとコピーして、いろんな技を!」と思わせる要素があります。

 

さらに、ストーリー意外のゲーム要素も多種類あります。

●ゲームボーイのリメイク版「はるかぜとともに」
●デデデ大王との大食いレース「激突グルメレース」
●マップ毎にステージを選んで遊べる「白き翼のダイナブレイド」
●地底洞窟でお宝探し「洞窟大作戦」
●宿敵メタナイトとのシリアスなシナリオメタナイトの逆襲
●簡単にはコピー能力を使えない最高難度「銀河に願いを・・・」

などなど。

 

●タイミングを見極めて力試し「メガトンパンチ」
●反射神経がものを言う居合バトル「刹那の見切り」

他にも、お手軽に友達同士で遊べる上記の2つのミニゲームがあり、門限ギリギリまで、ずっと遊んでいたような記憶があります。

 

多種多様のゲームモードと壮大なボリュームがあるので、かなり満足感が得られるタイトルです。

 

 

 

⑤ゼルダの伝説 神々のトライフォース

f:id:fukuten0:20170917180529j:plain
出典:任天堂株式会社

 

今なお、語り継がれる アドベンチャーゲームの最高傑作。

ストーリーもさることながら、アクション性やギミック、音楽、どれをとっても完成された芸術品といえます。

 

本作の最大の魅力は、アイテムや知識、発想力を駆使して、さまざまなダンジョンの謎を解き、主人公リンクとともに、成長していく要素です。

 

また、敵もゴリ押しで戦って倒すのではなく、その時に入手したアイテムを上手く使って倒していきます。

そして、普段では行けないような場所も表裏一体となっている2つの世界を行き来しながら時空を越えたギミックの解読ができた時の達成感は感動の次元を越えました。

 

プレイヤーを飽きさせる事のない細やかなレベルデザインで大人がプレイしても、非の打ち所がありません。

 

まさに、スーパーファミコン界の名作中の名作といえるでしょう。

 

 

 

⑥番外編:スターフォックス2(幻のゲーム)

f:id:fukuten0:20170917180550j:plain
出典:任天堂株式会社

 

さて、今回のおすすめタイトル紹介からは外れてしまいますが、番外編としてこちらを紹介させて頂きます。

 

シリーズでおなじみの画面の奥へと進んでいく「3Dスクロール」から、360度自由自在に宇宙を飛行できる「全方位モード」とロボットにモーフィングできる「変形モード」は当時としては革新的な要素でした。

 

シリーズ初代から大好きだったので、次世代の機能が搭載された続編として「次はどんな新しい体験ができるんだ!?」と子どもながらに楽しみにしていた覚えがあります。

 

しかし、完成を間近にして、発売中止。

 

理由は、開発費の高騰と後継機だった「NINTENDO64」の発売日と重なってしまった為。

 

「スターフォックス2」は瞬く間に幻のゲームとなってしまいました。

 

しかし、「どこかで復活させたい」という任天堂社員の粋な計らいにより、20年の時を越えて、2017年に息を吹き返すことになりました。

 

今回のスーパーファミコンミニでは「スターフォックス2」が実装されます。

それだけでも、買う価値はあります。

 

 

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか。

スーパーファミコン世代にはたまらない情報が盛りだくさんで、今から待ち遠しいです。

これだけの名だたるタイトルが内蔵されているゲーム機なのに、お値段も8,618円と大変良心的です。

 

全てのソフトを買おうとすると、本体合わせて、当時換算で約20万円ほどになるので、1万円以内で買えるのは本当に夢のようです。

 

今は価格高騰が起きていますが、この機会にぜひ手にとってみてはいかがでしょうか。