ふくてんの人間0年生雑記

【第2話】ゲーム会社を新卒2年目で辞めて転職した話

f:id:fukuten0:20170613140156p:plain

どもども!ふくてんです!

今回も『ゲーム会社を新卒2年目で辞めて転職した話』の第2話をやっていきたいと思います。

今夜も宜しくお願いします!

 

前回までのあらすじ

 長年夢を見ていたゲーム会社へ入社する事ができた僕。

入社初日。
早速、新人研修の説明に集められた新卒一同。

記念すべき第一弾目の研修内容は
「5日間で新卒歓迎会&花見をプロデュースし、開催する」

しかし、そこには様々な問題が待ち受けていた。
・選考時とは全く異なる威圧的な社長
・主張が激しすぎてまとまらないメンバー
・無茶振りな研修内容
などなど。

はたして、ふくてんは無事に初の新人研修を乗り越える事ができるか!?

初研修の新人はまるで烏合の衆

僕ら新卒一同はまるでまとまりのない大学生サークルのようでした。
そりゃぁ入社して初めて会った人たちと1つの大きな事をするわけですから、人見知りな僕にはハードルが高かったです。

しかし、そうも言ってられず、数日後に控えた花見を成功させるべく、一同は会場の候補を見繕い、下見へ。

すると、会社の近くに桜の咲く公園があり、ここがいいんじゃないかと満場一致。

場所も決まった事で、次に当日用意する「料理」「飲み物」の準備や出欠確認などを始める。

しかし、ここで細かいところに気づく新卒Aが一言。
新卒A「自分たちの歓迎会とはいえ、食べ物や飲み物の好みを参加者からアンケートは取らなくていいのだろうか。」

確かに…。
いくら自分たちの歓迎会の花見とはいえ、好きなように料理や飲み物をオーダーしていいわけじゃない。

最悪の場合、毎日のコーディングの激務が祟って毛髪を散らかし遊ばれた社員の方から「アルコールはハゲるからやめろって言ったじゃんかよぉぉおお!!!」と怒号が飛んでくる可能性も否めない。

一同は早速、アンケートを作成し、出欠確認とともに全社員に連絡する。

費用の負担先は会社であることや予算の上限も確認した。
場所の下見もした。
料理や飲み物などのオーダー先も決まった。
当日のおおまかな段取りも決まった。

期限が残り2日と迫った中、つたないながら、僕ら新卒一同は来る花見に向けて粛々と準備を進めていた。

しかし、問題はその後に起こった。

 

なんやて!?そんなの聞いてない!

災厄その①研修中に追加オーダーが入る
社長から突然の呼び出し。
「俺らがなんかやったのか」という不安が押し寄せてくる。

恐る恐る会議室で待っていると…ドアが開き、社長が一言。

社長「花見の時に一人ずつ自己紹介してもらうから自己アピールできるプロダクトを作れ」

新卒「・・・!?」

社長「返事あらへんけど!?(威圧)」

新卒「はい!(残り2日しかないのに!?何言ってんだ!?)」

いやいやいや!
これは新人研修ですかい?やらなきゃダメなのかい!?(ダメだろ)
自己アピールできるプロダクトってなんやねん!
ボードに「社畜」って描いて首にかけたらいいんすか!?ねぇ!誰か答えてよ!?

 

災厄その②花見当日の天気予報がまさかの雨

そういえば、ふと当日の事が気になって、天気予報をみると悪い予感が的中。

「降水確率:90%」

いやいやいや、ほぼ降りますやん…。
なんやねん90%て。。。変に期待持たすなや。。。
それなら、いっそのこと100%って言ってくれたほうが諦めつくわ。。。

ひとまず、その事実をメンバーに共有。

一同「・・・。(社長からの追加オーダーも相まって意気消沈)。」

 

さて、この2つのトラブルを一同は無事に乗り越える事ができるのか!?
次回、ついに花見開催!

お楽しみに!

 

www.fukuten-blog.com