ふくてんの人間0年生雑記

【2017年版】今年も開催!『東京ゲームショウ』の魅力

f:id:fukuten0:20170716113051j:plain
出典:「東京ゲームショウ2017」様


どもども!ふくてんです!
通勤時に空を見上げるとモクモクと大きくなった入道雲がちらほら見えてきました。
イヤホン越しから聞こえるセミの鳴き声も相まってか、いよいよ夏本番って感じですね!

夏といえば、夏祭りや花火大会、海水浴など様々なイベントが目白押しですが、何か1つ忘れていませんか!?

そう!今年もやってきました
『東京ゲームショウ2017』!

開催日は9月23日(土)~9月24日(日)と秋頃の開催ですが、今年の夏にかけて情報が解禁されていくので毎年楽しみな行事です。

まだ、行ったことがない方に向けて、今回は『東京ゲームショウ』についての魅力をお伝えできればなと思います!

 

東京ゲームショウとは?

f:id:fukuten0:20170715130131j:plain
※写真は東京ゲームショウ2014年『SONYブース』 撮影者:ふくてん

f:id:fukuten0:20170715130904j:plain
※写真は東京ゲームショウ2014年『CAPCOMブース』 撮影者:ふくてん


『東京ゲームショウ』とは『E3』『Gamescom』と並ぶ世界三大ゲームショウの1つです。
未発売のゲームを体験できたり、ゲーム会社のイベントなどが開催される為、世界各地から人が訪れる「日本で最も熱いゲームカンファレンス」といっても過言ではありません!

その人気は衰えを知らず、毎年、来場者は増え続け、去年はなんと歴代最高の
来場者:27万1224人!

東京ゲームショウすげぇ!
2日で約27万人ですよ!?

関西でブイブイ言わせてるユニバーサル・スタジオさんでも
1日あたり2.7万人ですよ!?
2日合わせても5.4万人!東京ゲームショウはその約5倍!

強し…。

 

 

魅力その①『まだ未発売のゲームが試遊できる』


これは「東京ゲームショウ」において最大の魅力です!
まだ発売されていないゲームをプレイできるというのは普通に生きていたら体験できないものです!

例えば、「世界同時公開の映画」を公開日よりも前に誰よりも先に観れるのと同じ!
これ以上ワクワクする事なんてないでしょう!?

また、各社が出展しているブースも凄く個性的で近未来的なので、見て回るだけでもかなりテンションがあがります!

 

魅力その②『日本随一のコンパニオンさんがタダで見れる!』

f:id:fukuten0:20170715131507j:plain
※写真は東京ゲームショウ2014『ふくてんコレクション』 撮影者:ふくてん

f:id:fukuten0:20170716102415j:plain
※写真は東京ゲームショウ2014『ふくてんコレクション』 撮影者:ふくてん

 

f:id:fukuten0:20170716102806j:plain
※写真は東京ゲームショウ2014『ふくてんコレクション』 撮影者:ふくてん


これは男性にとっての魅力ですが、各社出展ブースにはその会社のイメージガールとして日本全国から選りすぐられたコンパニオンさんが集結します!
考えてみて下さい。

街ですれ違って、振り返るほどの美女たちが一同に集結してるんですよ!?
その日に限って言えば、日本で最も美女が集まる場所という事です!

さらにいえば、おっぱいがタダで見られる!コンパニオンさんとの写真撮影やちょっとした会話なども楽しめる!

 

 

魅力その③『トップクリエイターの話が生で聞ける!』

それと、会場に行かないと普段では絶対に会えない人物がいます。
拮抗している世界のゲーム市場の最前線で勝負している日本のトップクリエイターの話を聞くことができます。

一般的に開発現場の様子や開発秘話など、普段では滅多に聞くことができないレアな話が聞けるチャンスは「東京ゲームショウ」しかありません!

僕もゲーム業界にはいますが、まだお会いしたことがない有名タイトルのプロデューサーさんなどに会えるととてもテンションが上がりますww

 

 

魅力その④『世に出ないかもしれないインディーズゲームもプレイできる!』

 「東京ゲームショウ」に集まるのはリリースが決定している有名なタイトルばかりではありません。

普段は大手の受託で自分たちが作りたいものが作れていない中小企業の魂がこもったインディーズゲームもプレイできるのも「東京ゲームショウ」の醍醐味です。

大手のタイトルともなると版権やらマーケティングやら色々な事情によって、本来作りたかったゲームが少し異なる方向性に落ち着く事が多いのです。

しかし、中小企業が作るゲームはそういったしがらみが無い状態で好きなように作られるので、下手したら大手のゲームよりも「コンセプトが尖っていて、面白さが際立っている」という事も十分にあるので、そういったニッチなゲームがプレイできるのも魅力ですね!

 

まとめ

さて、いかがでしたが?
毎年開催される「東京ゲームショウ」は各メディアも大注目の祭典です!

関東圏内にいる方は足を運びやすいと思いますので、まだ行ったことがない方もこの機会にぜひぜひ行ってみてください!

今年は特にビッグタイトルが勢揃いなので、一見の価値アリです!

最後に今年開催される「東京ゲームショウ」を紹介します!

開催日時 2017/9/23(土)&24(日)
場所 幕張メッセ(JE京葉線「海浜幕張駅」最寄り)
入場料(前売り券) 1000円
入場料(当日券) 1200円
公式ホームページ 東京ゲームショウ2017

 

いやー楽しみですね!どんなタイトルが発表されるのか!乞うご期待!

そして僕は一足先にビジネスデイで行ってきます!
それではまた!