ふくてんの人間0年生雑記

【パワースポット】日本一いわくつき人形が集まる場所『淡嶋神社』に行ってきました!【閲覧注意写真あり】

どもども、ふくてんです。

いよいよ、8月になり、夏到来って感じですね。

本州では気温が35℃を上回るところも出てきて、熱中症には本当に注意です。
水だけとってもダメだからね!塩分もとらなきゃ!

さて、今回は納涼気分を味わう為に和歌山県にある「淡嶋神社」に行ってきました!

 

 

 

淡嶋神社って?

f:id:fukuten0:20170801111922j:plain

「淡嶋神社」は和歌山市加太にある神社です。

日本国内の数千ある同系統神社の中の総本社であり、日本でも屈指の歴史を誇る由緒正しき神社です。

「針祭」「ひな流し」などが有名ですが、特筆すべきは何万体もの無数の人形が境内に奉納されている姿です。

その光景はまさに圧巻で日本屈指の「人形供養の神社」としても有名です。

心霊番組好きな人はご存知かもしれませんが、地下倉庫には供養されていない人形が所狭しと並んでおり、心霊番組では芸能人がそこで寝泊まりする企画など組まれたりしています。(恐ろしい…)

また、2016年にユニバーサル・スタジオ・ジャパンの期間限定イベントである「祟 TATARI ~生き人形の呪い~」というお化け屋敷に供養済みの人形を数百体貸出したことでニュースになりました。(これ行きたかったんですけど、怖すぎて足が進みませんでした…)

その事がネット上で賛否両論となり、少し話題になりました。

 

 

実際に行ってみた

 「淡嶋神社」和歌山南海電鉄「加太駅」が最寄り駅です。
大阪駅(梅田駅)からは大体2時間ほどのところにあり、ちょっとした小旅行気分を味わえます♪

 

 

f:id:fukuten0:20170801114136j:plain
南海電鉄のようす。
喧騒の街から離れた田舎町でのんびりとした時間が流れていて、ひと夏の思い出が作れそうな雰囲気がしますね~♪

 

 

f:id:fukuten0:20170801114707j:plain
加太駅に着きました!(田舎町落ち着く…)

 

f:id:fukuten0:20170801115054j:plain
ここから少し歩きます。

 

 

f:id:fukuten0:20170801115229j:plain
海が近いので磯の香りがしてきました!
1kmほど歩くと…

 

 

f:id:fukuten0:20170801115725j:plain

到着!
鳥居でっけぇ!ww
左の植物が南国な感じがするのは気のせい?w

いよいよ、総本社へ。

 

 

f:id:fukuten0:20170801120529j:plain

お、おう…(厳かだ)
凄い雰囲気というか…冗談抜きであらゆる方向から視線を感じます…。

というか、撮ったあとに気づいたんですが、境内の真ん中あたりに2つのオーブらしきものが写ってる…?光の加減かな…。

 

いよいよ、境内へ

ただならぬ視線を感じながら、境内へ進んでいきます。
いよいよ、お人形さんたちとご対面…。

 

 

※注意
ここから少し刺激の強い写真が続きます(ご了承の上、ご覧ください)
写真のお人形さん達は既に供養済みなので、ご安心ください。

 

 

f:id:fukuten0:20170801121406j:plain

f:id:fukuten0:20170801121559j:plain

うふぅ…(力抜ける…)
ほ、ほんとに壮観です。

ただならぬ雰囲気です。
よくみたら可愛い子たちなのですが、肌の色が様々でその小さな眼は真っ直ぐに1点を見つめています。

供養済みとはいえど、やはり不気味な雰囲気に包まれている感じがあり、「ずっとこの場に居たくない」という気持ちが出てしまいます。

 

 

と、とりあえず、境内を回ろうと思っていたら思わぬ子たちが。

f:id:fukuten0:20170801122158j:plain

f:id:fukuten0:20170801122114j:plain
か、かわいいww
思わず「君たち、こんなところでなにしてるん~?」って話しかけちゃいましたw

つぶらな瞳で上目遣いしている姿がなんとも可愛らしいですねw

 

 

f:id:fukuten0:20170801122459j:plain
他にも、こんな子や



f:id:fukuten0:20170801122630j:plain
こんな子もいました。

本当に日本国内の多種多様なお人形さんたちがここに集まってきてるんだなぁ。

 

f:id:fukuten0:20170801122954j:plain
受付には御朱印を書く所やお守りを買うところがあります。
あと、左隅のダンボールには「人形を納められたい方は受付へ」と書かれています。
どうやら、受付で人形供養を承ってくださるそうです。

ここにも右下あたりに大きいオーブのようなものが…

 

 

帰りのお楽しみも

 淡嶋神社巡りも終え、帰り道には、ちょっとした海産物の御食事処が!

f:id:fukuten0:20170801210701j:plain

f:id:fukuten0:20170801211334j:plain

お腹が減りすぎて、写真を撮るのを忘れていたのですが、僕はアワビのバター焼きとかき氷を食べました。

やっぱり、海沿いということもあって、新鮮で肉厚なアワビが美味しかったです♪

 

 

f:id:fukuten0:20170801212526j:plain
そして、腹ごしらえも終え、近くの海岸へ。
日差しは暑かったですが、波打ち際に聞こえる涼し気な波の音が身体を包み込みます。
普段の喧騒のストレスを忘れてしまうような景色ですね!

 

日照りと潮風に当てられて、少し身体がべたついたので温泉に入りたいなぁと辺りを見渡すと…

f:id:fukuten0:20170801213402j:plain

!?!?

なんと…神がかっている。
まるで僕の声に呼応したかのように、温泉が佇んでいました。

早速、入浴。
残念ながら館内はマナーとして撮影を控えたのですが、屋上に露天風呂があり、そこから加太の町と水平線まで続く広大な太平洋が一望できて、めっちゃ気持ちよかったです!加太最高!!

 

 

f:id:fukuten0:20170801213658j:plain
そして、加太駅へ着き、帰路へ。
温泉でスッキリしたせいか、帰りの電車の心地よい揺れと程よい空調で気づけばスヤスヤと眠っていました。zzzZZ

 

 

まとめ

さて、今回は日帰りパワースポット巡り〜淡嶋神社編〜をしてきたのですが、とにもかくにも日常を忘れてしまうくらい、のんびり&ミステリーな旅でした!

おそらく、あれほど無数に人形が一挙に集まっている所は日本では淡嶋神社しかないので、生きているうちにあの異空間の雰囲気を味わえて良かったなと感じましたw

ほんとに異質ですよw

そして、神社だけでなく、新鮮な海産物も食べれますし、海が近いので景色が綺麗です。
また、帰り道には気持ち良い温泉などもありますので、淡嶋神社だけではない魅力が加太の町にはたくさんありました。

大阪からもそんなに遠くはないので、この夏、現実逃避したい方はぜひ加太に遊びに行ってみてはいかがでしょうか?

 

それでは、また!